から14 ウチヒサールと地下都市カイマクル♪

カッパドキアというのは『美しい馬の国』という意味だそうです??

c0177361_2219731.jpg
カッパドキアはワインの産地です。この乾いた地でブドウは棚を作らず、地植えになっています。

c0177361_22214166.jpg
エルジェス山の火山活動で堆積した溶岩や火山灰が長い年月をかけて侵食され、このような奇岩群ができました。
c0177361_239795.jpg

マルコ・ポーロの「東方見聞録」の中に、異世界、月の世界を思わせる場所を通ったという記述があるとかで、それはこのカッパドキアのことだと思うとガイドのケマルさんが言っていました。

c0177361_22351547.jpg
ほら、これ!お待たせしました、トルコアイス“ドンドルマ”です。「レモン?チョコレート?mix?」「mixっ♪」うん、美味しいです。
c0177361_22372521.jpg
ほらっ、こんなにのび~るのび~る。おじさん、「オネエサ~ン」を連発してパフォーマンスしています。
「おっぱっぴ~」「そんなのカンケイネ~」…誰、そういう言葉教えてるの。
c0177361_2394413.jpg
おっぱぴ~のおじさんのお店の横の木には目玉がいっぱい結び付けられて風に揺れていました。

ドンドルマがなぜあんなに伸びるか?中にサーレップというユリの根の粉末が混ぜてあるのです。ちなみに粉末は普通に売っていて冬場は暖かい飲み物にして飲むそうです。

c0177361_2242057.jpg
ウチヒサールです。古い要塞の跡です。
岩山をくりぬいて敵を防ぐための城として使っていました。すごい迫力です。
c0177361_22433932.jpg
こちらはラクダさん。Kakkoちゃんはラクダに乗った写真を撮ってました。「乗ったんだ」「うん、ラクダに乗ったこと無かったから」…私も無いけどね。「一緒に旅行した友達は乗ったことがあったのよ」ふ~ん。

カイマクル地下都市の入り口です。(買い捲る…と変換しました(-_-;))左から2人目がケマルさんです。
c0177361_22504045.jpg

地下都市はキリスト教徒たちがアラブ人の迫害から逃れるために作ったと言われています。カッパドキア全体で300以上もあるそうです。
このカイマクル地下都市には多い時は5000人以上が暮らしたとか。内部は地下8階まであり、通気口から外気を取り入れ(覗くと風が通っていました)、台所や食料保存庫、ワイナリーや家畜の部屋、教会など長期間生活するための施設がすべて整っています。


c0177361_22565588.jpg
中はひんやりとしています。うう、暗くていい写真が撮れない(-_-;)
身体をかがめないと通れない場所が何箇所かあります。いやでも前の人のお尻を見ながら進まなくちゃです。

c0177361_22592021.jpg
インディ・ジョーンズにでも出てきそうな石で作った扉です。敵が来たらこの真ん中の穴に通した丸太を押して通路をふさぎます。何トンもあるんですってよ。

c0177361_2311927.jpg
外に出て頭上を見たら崖の上に男の子たちが暇そうにたむろしていました。夏休みだもんね。

今夜の泊まりはここ。
c0177361_23133691.jpg
道に看板が出てました。ウチヒサール・カヤ。洞窟ホテルです。
c0177361_23144130.jpg
バラの咲くお庭があります♪
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by 5pleiad-subaru | 2008-09-30 22:21

<< 追加 カッパドキアのワインとにゃん♪ から13 チューリップと命の木... >>