タグ:ホテル ( 3 ) タグの人気記事

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン

から11 コンヤデデマンホテル・シルククロード♪

この日泊まったコンヤのデデマンホテルです。
c0177361_145209.jpg

ここも5つ★、エレベーターホールも偉そうですね~。
c0177361_1471682.jpg


さっそく夕飯です。お腹すいた。
c0177361_149286.jpgc0177361_14105978.jpg









c0177361_14112065.jpgc0177361_14114646.jpg









左上、今日はビールにしました。ツボルグ。右上:トマトスープ。左下:これもトマト味、ペンネ。右下:お肉は牛でした。これにライスプリンのアイスクリーム添えがデザートでした。美味しかった~♪

部屋へ戻りましょう。
c0177361_14155730.jpg
TVには
≪Konya Dedeman Hotel welcomes まままま we hope you enjoy your day with us.≫と、歓迎のメッセージが映っています。英、トルコ、独、伊、仏、スペイン…といろんな言語に切り替わります。日本語放送はNHKが夜中にちょこっと映る程度。

これがかわいいの。
c0177361_14211214.jpg
部屋のマッチまでトルコブルーでした。

さて翌朝。これはレストランの前にあったホオズキのアレンジ。作り物ですがちょっと気に入りました。
c0177361_1427441.jpg


やあん、フルーツがこんなにあると迷っちゃう。
c0177361_1428242.jpg


結局こんなに盛ってしまいました。今朝のジュースはアンズです♪
c0177361_1429762.jpg
朝ご飯が美味しく食べられるのも健康だからよね、ということにしておきます。

デデマンホテルを後にして…
c0177361_14313995.jpg


シルクロードを東に向かいます。
c0177361_1432931.jpg
車窓は乾いた大地、
c0177361_1433229.jpg
ヒマワリ畑も見えます。種からオイルを採ります。
c0177361_14334973.jpg
バスの中のだっちゅ。
c0177361_1432366.jpg
同じような景色が延々と続きます。

c0177361_1435496.jpg
キャラバンサライ(隊商宿)です。シルクロードをラクダをつらねて行き来する隊商が安心して夜をすごせる宿です。がっしりした壁に守られて盗賊に襲われる心配をしないですんだのですね。

割れないように積み重ねて粘土で固められ、ラクダの背に揺られてはるばるこの道を中国から運ばれた陶器が、イスタンブールのトプカプ王宮にいくつもあります。遠い旅をしてきたエキゾチックなお皿たちはどれだけ高価なものだったのでしょうね。

c0177361_1446489.jpg
トイレ休憩の時に寄ったお店を手伝っていた男の子。「写真撮っていい?」と聞くとぶんぶんと顔を横に振りました。「ごめんなさい、どうぞ撮ってください。恥ずかしがり屋なの」と、お姉さんが日本語で言ってくれたので撮りました、がいささかピンボケ(^_^;)
このお店で「トルコアイスの素」(牛乳に溶かしてフリーザーで固める)を買いましたが、残念ながらのび~るアイス、ドンドルマではなかったようです。

この後は いよいよカッパドキア。洞窟レストランでお昼を食べてから、地下都市カイマクル、古い要塞ウチヒサールを見学。トルコ絨毯屋さんにも寄りま~す。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by 5pleiad-subaru | 2008-09-21 14:07

から7 ホテル・サーマル・コロッセア

パムッカレのホテル、サーマル・コロッセアに着きました。ホテルのお部屋。
c0177361_20344375.jpg

1階で小さなテラスがついています。高原のホテルみたいですね。ピンクとブルーの色合いがまた(^_^;)
c0177361_20361013.jpg


夕ご飯です。
c0177361_20382462.jpg
ここもバイキング形式。キョフテ(肉団子)とか生野菜とか、ヒヨコ豆、真ん中の白いのはやわらかいチーズですね。左上の黒っぽい丸いのはプラムです。フルーツが美味しいのでついつい食べてしまいます。
c0177361_20383493.jpg
飲み物は白ワインにしました。フルーティでさっぱりしています。

c0177361_20435813.jpg
ここも温泉ホテルです。レストランの横にプールがありました。
別払いの温泉と温泉プールがあったのですが、あんまりよくなかったという人がいたので入りませんでした。ハマム(トルコ式蒸し風呂、垢すりをしてくれる)もあったのだけど、男女一緒というので(もちろん水着は着用ですが…)そっちもやめときました(^_^;)

翌朝は6:30モーニング・コール、7:00に荷物出し、ご飯食べて8:00に出発です。
お湯のたまった石灰棚に入るので、足ふきタオルと脱いだ靴を入れる袋を持ちます。

朝ご飯♪
c0177361_20512512.jpg
オリーブ、チーズ、トマトにオレンジ、メロン。あのゴマパン、シミットもありますね。ヨーグルトにチェリージュース☆カップの中はコーヒーです。
11年前はチャイばっかりで、コーヒーといえば粉ごと煮出す泥みたいなトルココーヒーか、その名もまんまネスカフェと呼ばれる、インスタントコーヒーが出てきたのですが、いわゆる普通のコーヒーがどこでも飲めるようになっていました。

c0177361_2058190.jpg
あ、これ食器がかわいいので思わずパチリ。牛柄がいいでしょ?


c0177361_20584752.jpg
さ、今朝も上天気です。だっちゅもゲートで待機です。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by 5pleiad-subaru | 2008-09-10 20:47

から4 アクチャイに泊まる♪

トロイを後にしたバスは一路今夜の泊まり、アクチャイへ向かいます。95km、1時間半あまり。
アクチャイはエーゲ海沿いのリゾート地、トルコの人達がバカンスを楽しみに来ています。

c0177361_20434822.jpg
ここがホテル・サルハン夜になって電飾が灯ったところです。

c0177361_20451430.jpgc0177361_20452360.jpg









晩御飯はホテル内のレストランで。おなじみレンズ豆のスープ、インゲンや野菜の煮込み、ピーマンに詰め物をしたドルマ。奥の小皿は羊をグリルしたケバブです。デザートはまた甘いケーキが何種類も。それと干し杏です。

夕飯の後、道路を挟んだ海のほうにお散歩に出ました。もう9時近いけどまだ薄明るいのです。トルコは夏時間、日本より6時間遅れになります。日本は夜中の3時ですね。
c0177361_20513819.jpg
エーゲ海です。月が出ている。

c0177361_20529100.jpg
パラソルが藁みたいなのでできています。面白いですね。

c0177361_20535577.jpg
遊歩道を歩いていたらオリーブの実が生っていました。ここいらあたりはオリーブの産地、昼間トイレ休憩に寄ったお店で、オリーブ油とオリーブ油で作った石鹸を買いました。
道の両側、そして山の上までもオリーブの木が植えられています。

いきなりアザーンが聞こえ始めました。
アザーンは祈りを促すためにモスクに付随したミナレットと呼ぶ尖塔の上から叫ばれるものです。昔は尖塔の上から実際に叫んでいたようですが、今はスピーカーがついていてそこから声が流れます。
日本人の私にはどうしても「い~し~ 石や~き芋~」と聞こえてしまいます。
ああ、これを聞くとトルコに来たって実感が湧いてきます。11年前初めて聞いたのはイスタンブールのホテルでした。

このホテルね、サービスに問題がいろいろあり、私は枕銭(普通枕の上にチップとして一人1$置いて出ます)を敢えて置きませんでした。抗議のつもりです。
だってね、

 ①石鹸、裁縫セットが取り替えていない(使いかけのが入ってたの)
 ②カーテンが片方だけひだを取って整えてあり、もう一方はただひいただけ。どっちかに揃えて。
 ③バスルームの汚物入れの中に吸殻が入ってた!
 ④バスタブがきちんと洗えていない(ざらざらしてる)
 ⑤椅子の足が1本曲がっていて折れそう。
 ⑥歯磨きコップが無い

以上の理由です。あ、でもね、ココのホテルバスタブは大きくて気持ちよかったんです。それにね、コックをひねると出てくるお湯は温泉だったの。そこはマルでした。
旅の終わりにアンケートを書くのだけど、ここのホテルについての文句はしっかり書かせてもらいました。

明日は7:30出発、エフェスの遺跡に向かいます。途中で革製品のお店にも寄ります。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by 5pleiad-subaru | 2008-09-02 20:44