タグ:花 ( 2 ) タグの人気記事

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン

から19 パシャバー♪

ランチです。
c0177361_204226.jpg
飲み物はざくろジュースね☆

c0177361_20424088.jpgc0177361_20425214.jpg









c0177361_2043373.jpgc0177361_20431461.jpg









トマト味のスープ、ギョーザのヨーグルト和えみたいな前菜、お肉の煮込みサフランライス添え、アンズのハチミツ漬け。美味しゅございました(^_^)v

食後はキノコ岩が乱立するパシャバーの谷へ。
c0177361_20492730.jpg
中に妖精(ペリ)が住んでいるという言い伝えがあって、キノコ岩たち、『妖精の煙突』と呼ばれています。

c0177361_20494512.jpg
堆積して重なった岩がやわらかい部分から侵食され、固い所は残り、こんな不思議な風景ができました。

c0177361_20501077.jpg
足元に目をやれば、こんなに可憐な花が♪

c0177361_20502982.jpg
三角頭巾をかぶった人が行列しているようでもあります(^_^;)

c0177361_20504277.jpg
向こうの山の地形が侵食されて手前のキノコ岩になるのです。右奥あたりに形成途中の姿が見えます。

c0177361_20505522.jpg
広い広い、気持ちも広がって行きそうな景色です。

c0177361_2051870.jpg

これからアヴァノスの陶器工房へまわります。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by 5pleiad-subaru | 2008-10-16 20:43

から8 綿の城

パムッカレというのは「綿の城」という意味です。石灰棚が真っ白なことと、このあたりが綿花の産地であたり一面綿畑なので名付けられた地名みたいです。
c0177361_2131513.jpg
だっちゅが待機していたゲートです。
トルコの著名な観光地はだいたいこんなゲートが設置されています。入場券を差し込んで「please go」という音声が流れてからバーを身体で押して入ります。

c0177361_21373841.jpg
ゲートを入ると可愛らしい花が咲いていました。
c0177361_21375026.jpg
ここにも。見たことない花ですね。

c0177361_21465460.jpg
棕櫚の木が不思議な雰囲気。

石灰棚をのぞむこの丘、ヒエラポリスといいます。ペルガモン王国の王妃、ヒエラの名前をとってつけられました。ローマ時代にはハドリアヌス帝(エフェスに神殿がありましたね)やカラカラ帝も訪れたとか。

c0177361_2145379.jpg
これはローマ門

c0177361_21462031.jpg
城壁に作られた門。

c0177361_2148030.jpg
円形劇場の跡です。

c0177361_21484270.jpg
丘の上に残る古い教会の跡。このあたりで十二使徒のピリポが殉教しました。
十二使徒…マタイ・・ヨハネ・ペテロ・アンデレ・シモン・ヤコブ・トマス・バルトロマイ・タダイ・ピリポ・もうひとりヤコブ、でもってイスカリオテのユダ。

c0177361_21555784.jpg
発掘の続くネクロポリス(死者の街)。古代墓地の跡です。


さて、石灰棚です。
c0177361_21585789.jpg
おお、白い!
c0177361_21592370.jpg
c0177361_21593765.jpg
はるか彼方のアリンコの行列みたいなのはお湯の中を歩く観光客です。
c0177361_21594890.jpg
11年前のほうが岩棚は白く、お湯の量も多かったように思います。観光客がたくさん来てどうしても荒れてしまうのでしょうか。

私たちも靴を脱いで入りましょう。
c0177361_2245225.jpg
入れる部分は石灰棚のごく一部です。

c0177361_225922.jpg
すぐ横は落ち込んだ崖なのですが、みんな平気で危険な場所で写真を撮っています。係りの人がホイッスルを吹いてそこは進入禁止って注意するのですが、その時だけでまた誰かが入ります。いたちごっこです。


c0177361_2224289.jpg
眼下に雄大な眺めが広がります。この丘に都を作りたくなるわけがわかります。温泉つきですしね♪

このあと410km約5時間30分かけてコンヤへ向かいます。今夜の泊まりはコンヤです。(ああっ、ぶたないでぇっ)
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by 5pleiad-subaru | 2008-09-12 21:38